キトー君で皮と亀頭の癒着をはがす原理を詳しく解説

キトー君で癒着を剥がす キトー君

せっかくキトー君を購入しても、皮と亀頭が癒着してしまっていたらキトー君で包皮口を広げるだけで包茎自体は治らないのでは?と疑問が出ると思います。

答え:
キトー君を使って皮と亀頭の癒着を剥がすことは可能です。

ただし、使い方には注意が必要です。
このページでは、カントン包茎・真性包茎で皮と亀頭が癒着している人へ向けてキトー君を使った改善方法を詳しく説明していきます。

 

キトー君を購入するなら公式サイトがお得です。

  • 満足しなかれば全額返金してくれる
  • キトー君に満足いかず手術する場合、手術代を負担してくれる
  • 家族にバレずに注文ができる
  • 後払いが可能!

 

キトー君で皮と亀頭の癒着をはがすことは可能

キトー君を利用して皮と男性器の亀頭の癒着をはがすことは可能です。

キトー君が対象となる包茎のタイプは、カントン包茎真性包茎です。

まずは、カントン包茎と真性包茎の違いから説明していきます。

真性包茎とカントン包茎の違い

包茎には3種類あり、仮性包茎、カントン包茎、真性包茎の3つです。

仮性包茎は通常時は皮が被っていますが、勃起時には皮が剥けた状態になり亀頭がすべて露出した状態になります。

キトー君が必要となるのは、カントン包茎と真性包茎の2種類なのでこの2つ包茎のタイプの違いについて説明します。

カントン包茎とは

カントン包茎

カントン包茎は、仮性包茎の一種ではあるので皮を剥くことはできるのですが、亀頭を覆う包皮の包皮口(男性器を覆う皮の口)が狭いために亀頭の途中までしか剥くことができなかったり、亀頭が全て露出するまで剥けたとしても男性器が締め付けられる状態になってしまいます。

カントン包茎は皮と亀頭の癒着はありませんが、基本的には皮が被った状態になりますので亀頭側の皮の免疫が弱く亀頭包皮炎になりやすかったり、勃起時などに包皮口に負担がかかって包皮口が委縮して真性包茎になってしまう可能性があります。

 

真性包茎とは

真性包茎

真性包茎は、通常時は亀頭に皮が被った状態であり、勃起時も変わらず皮が被った状態です。

皮が剥けない原因には2パターンの原因があります。

包皮口が狭いから皮が剥けない

カントン包茎と同じく、包皮口が狭い為に物理的に亀頭の方が包皮口より大きいので皮が剥けることがありません。

皮と亀頭が癒着しているから剥けない

もうひとつの原因は、皮と亀頭が癒着してしまっているので皮を剥くことができません。

このページでのメインテーマはこの癒着になります。

真性包茎の場合は、小さな頃からずっと皮が被ったままなので基本的に皮と亀頭はくっついた状態が続くので癒着してしまいます。
この癒着は日が経つにつれて強固なものになっていきますので、癒着をはがすにはできるだけ早い方が改善しやすいです。

キトー君の一番の役目は包皮口を広げてあげることですが、この癒着に関しても改善することができるので安心してください。

続いて、キトー君を使った癒着のはがし方について説明していきます。

キトー君を使った癒着のはがし方

基本的に子供の頃はみんな真性包茎です。
成長して亀頭が大きくなるにつれて自然と皮が剥けていくのですが、自然と剥けない人は病院で剥いてもらったり自分で剥くように親に教わったりしている人もいます。

自然と剥けず、自分で剥くこともしなかった人が包茎となります。

できることなら早く剥いた方が良いですが、成人してからでも遅くはありません。

それでは、皮を剥く為に癒着をはがす方法を説明していきます。

皮と亀頭の癒着をはがす必要がある

まずはキトー君を使わずに癒着だけを剥がす方法です。

皮と亀頭の癒着をはがす方法は、簡単に言うと力ずくです。

力ずくと言うと聞こえが良くないですが、毎日少しづつ優しく1mmづつくらい皮と亀頭を剥がす作業になります。
さすがに長年ぴったりとくっついていた皮と亀頭ですので、1日ではすべて剥がすことはできません。

亀頭は今まで包皮の下に隠れていたのでどこにも触れたことが無く免疫ができておらず、何かに触れるとピリッとした痛みが走ります。
これを克服するには少しづつ免疫をつけさせる必要があります。

方法としては、皮と亀頭を剥がしながら指の腹でチョンチョンと亀頭を触ってあげて亀頭に何かと触れることに慣れさせていきます。
始めの内は痛みを伴いますが、コツコツと続けることで湿った柔い亀頭から少し皮の分厚くなった亀頭へと変わっていきます。

キトー君を使って包皮口を広げながら癒着を剥がす

皮と亀頭が癒着しているということは、今まで亀頭全てが露出するほど皮が剥けたことはないはずです。

つまり、包皮口も勃起時の亀頭よりも狭いので癒着がはがれたとしても包皮口が狭いので皮が剥けることはありません。

ここで、キトー君を使って癒着を取りながら包皮口を広げる必要があります。

キトー君DX

キトー君はハサミと同じ要領で利用することができます。

実際にはハサミと逆で、ハサミは握ると先端も閉じて紙を切ることができますが、キトー君は握ると先端が開く仕様になっています。

 

キトー君使用図

上記の図のように、キトー君を包皮口の中に突っ込み、グリップを握ることで先端が広がることで包皮口を広げながら亀頭と皮を剥がすことができます。
合わせて、亀頭をチョンチョンと少し指の腹で触り続けてあげることで亀頭に外部と接触することへの免疫を強めてあげることができます。

何度も言いますが、この作業を1日やったところで真性包茎は改善されません。
毎日コツコツと繰り返す必要があります。

キトー君で包茎改善のスケジュール

キトー君を使って、真性包茎・カントン包茎を治すには早くても2週間はかかります。

できるだけ毎日キトー君を使って包皮口を広げる作業を行ってください。

キトー君で真性包茎を改善した人のスケジュール例(※個人差あり)

経過日数 状態
約7日~10日 包皮口が広がってきた感覚がある
約2週間 亀頭の上部が露出してくる
約1か月 亀頭の真ん中くらいまで剥けるようになる
約2ヵ月 完全に亀頭が露出して皮が剥けた状態になる

 

包茎改善は1日にして成らず。

毎日の積み重ねが大切です。毎日コツコツとキトー君を使うことで悩みは改善されます。

焦らず自分のペースで進めてください。

キトー君をバレずにお得に購入する方法

包茎は全く恥ずかしいことではありません。
特に日本人は包茎の割合が高く、仮性包茎の人は日本人男性全体の約7割と言われています。

真性包茎でも約1割、つまり10人に1人は真性包茎なのです。

包茎は恥ずかしいことではありませんが、真性包茎・カントン包茎の場合は皮が剥けきれないことによって、皮と亀頭の間にカスが溜まって悪臭の元になったり亀頭に炎症を起こしたりと体に害を及ぼす可能性があります。

また、パートナーとの性行為を行う際に真性包茎・カントン包茎だとパートナーに不快な匂いを与える可能性があるのでしっかりと真性包茎・カントン包茎を改善しておくこととオススメします。

恥ずかしくないと言われてもできればバレないで改善したいものです。利用する時は自分の部屋やお風呂などひとりの時に使うので他人にバレないと思います。

問題は購入時です。
購入時さえバレなければ、後はひとりでこっそり使うだけなので家族にもバレる可能性はほとんどありません。

キトー君を家族にバレずに買う方法

Amazonや楽天ではなく、以下のキトー君公式サイトから購入すると自宅ではなく郵便局で受け取ることができるので家族にバレずに受け取ることができます。

 

購入時に、「郵便局止め」を選択し、「お名前」と送り先の「郵便局名」を記入して注文します。

「注文確認メール」で「到着予定日」をお知らせしますので、商品が届いた後に、郵便局に受け取りに行って下さい。
「注文確認メール」にてお知らせする「お荷物番号」により、ネットで配送状況を確認することができます。

代金は、郵便局の窓口で商品と引き換えにお支払いすればOKです。

受取の際に本人確認が必要になるので、身分証明書を持参しましょう。
身分証明書は、運転免許証や健康保険被保険証、学生なら学生証などです。

キトー君を梱包している箱には「キトー君」や「包茎」など包茎を連想させる文字は一切書かれていません。

送り状の品名欄には「工具」としか書いていないので郵便局員さんにバレることもありません。

ですので、近くに郵便局がない場合は自宅に送っても家族に工具が届くなどと伝えて置けば何も疑われずに受け取ることも可能です。部屋のTV台を直す為や、学校で必要な工具などと嘘をつけばごまかせます。

キトー君は公式サイトで買わないと大損する!
キトー君を購入できるサイトはいくつか存在します。 ただ、公式サイト以外で購入することはかなりもったいないことをしているので必ず公式サイトからの購入するようにしてください。 このページでは、キトー君を公式サイトで購入することがどれ...

キトー君と癒着まとめ

キトー君と癒着についてまとめると、

  • キトー君で皮と亀頭の癒着は剥がすことが可能
  • 真性包茎・カントン包茎に効果あり
  • 包茎改善は1日して成らず、毎日コツコツ改善していく
  • 家族にバレずに購入が可能

 

キトー君を購入するなら公式サイトがお得です。

  • 満足しなかれば全額返金してくれる
  • 満足いかず手術する場合、手術代を負担してくれる
  • 家族にバレずに注文ができる
  • 後払いが可能!

 

タイトルとURLをコピーしました