キトー君とムケル君の違いを比較

キトー君とムケル君の違い

キトー君の類似品包茎改善グッズに、「ムケルくん」があります。

このページでは、キトー君とムケル君の違い(形状・価格・使い方など)を比較していきます。

キトー君とムケル君の違い一覧表

まずは、一見して比較がしやすいように、キトー君と類似品であるムケル君の違いを表にしてみました。

キトー君 ムケル君
形状
販売開始時期 2000年 2013年
価格 キトー君 9,800円

キトー君DX(ストッパー付) 12,800円

12,800円
ストッパーの
形状
ストッパーの
調整幅
0.6〜4cmまで14段階で調整可能 0〜4.3cmまで自由に調整可能
操作性 片手で簡単操作 両手でダイヤルを回して調整
保証期間 制限なし 購入から半年以内

 

キトー君とムケル君の違いについて解説

それでは、先ほど一覧表にて比較をしたキトー君とムケル君の違いについて、ひとつづつ違いを見ていきましょう。

販売開始時期

キトー君は約21年前の2000年に販売開始しています。

対してムケル君は2013年です。

販売実績の長さではキトー君の方が長年に渡って愛されています。

キトー君を使ってみた!真性包茎と1ヵ月間の戦いの模様
学生時代から長年悩んできた真性包茎とキトー君との戦いを記します。2chやテレビでの評判ではなく実際に使用した感想や剥けた後の結果をお伝えします。 お風呂の中で使うのか、お風呂上がりに使うのかなど、キトー君の購入から使用経過状況から結果まで詳しく説明していきます。

販売価格

料金比較

販売価格は、ストッパー付きのキトー君DXとムケル君(ストッパー付き)が同価格で12,800円

ストッパーなしのキトー君が9,800円と最安値です。

しかし、各個人のお財布事情にもよりますが、キトー君より少し高くても私はキトー君DXをオススメします。

 

\\ 効果なければ、全額返金 //

 

ストッパーの形状と操作性

キトー君DXとムケル君のストッパーの仕様を比較してみます。

キトー君 ムケル君

キトー君は、14段階に調節することができて片手でグリップを握ってちょうどよいところで話せばそのまま固定される仕様になっている。

調整できる幅は、0.6~4cm。

対してムケル君は、ダイヤル調整式になっている。ちょうど良い幅が決まったらそこまでダイヤルを回して調節するので面倒な手間が必要になる。

調整できる幅は、0~4.3cm。

ストッパーについては、調整幅はムケル君の方が広い。
しかし、調整する手間がかかる。

キトー君やムケル君は毎日使用するものなので、できるだけ手間が少ない方がストレスがなく途中で諦めずに継続することができる。

包茎手術なしで自力で真性包茎を改善するには、日々の努力なしではありえません。

幅の調整が面倒だと億劫になってしまい、継続に対しては邪魔でしかありません。

手軽に調整ができるキトー君の方が良いでしょう。

保証について

キトー君とムケル君の保証の違いについては、どちらも保証制度が用意されています。

キトー君もしくはムケル君を利用しても効果が感じられず、満足いかない場合はどちらも全額返金対応をしてくれる。さらに、包茎手術を受けたい場合は保険適応の包茎手術の場合のみ手術代金を負担してくれる

両者の違う点は、保証期間である。

キトー君が保証期間に制限を設けていないのに対して、ムケル君の保証期間は購入から半年間と有限であります。

 

\\ 効果なければ、全額返金 //

 

キトー君とムケル君の違いまとめ

キトー君とムケル君の違いまとめ

キトー君とムケルくんの違いについて紹介してきました。

キトー君と類似品であるムケル君。この2つの商品はとても似ています。

見方によっては、最初に発売されたキトー君を参考にしてムケル君が開発されたという見方もできるかもしれません。

ただ、ムケル君もストッパー部分でキトー君は違うオリジナリティを出してきています。

どちらも一長一短ですが、私の個人的にはキトー君をオススメします。

理由は、自分がキトー君を使って真性包茎を改善できたということが一番大きいですが、それ以外にもネットで調査する限りではキトー君の利用者の方が圧倒的に多く安心して利用できるからです。

 

\\ 効果なければ、全額返金 //

タイトルとURLをコピーしました