キトー君を使うは危険!?危険性について調査しました

キトー君を使うは危険!?危険性について調査しました

真性包茎を改善するためにキトー君を使うのは危険!?

真性包茎から仮性包茎に改善する器具としてキトー君を使うことで考えられるキトー君の危険性について徹底的に検証します。

キトー君の危険性について

キトー君を使う上での危険性を考えます。

キトー君自体に、皮を切る機能があるわけではないので、刃物的な危険性はありません
考えられる危険性は以下です。

癒着を無理やり剥がすと危険

真性包茎の場合、剥けない原因は3つのタイプがあります

  • 皮の口が狭くで剥けないタイプ
  • 亀頭とそれを覆う包皮が癒着しているタイプ
  • その両方

この亀頭と皮が癒着しているタイプは危険なので注意が必要です。

キトー君は、皮の口が狭くて剥けないタイプの真性包茎に一番適しています。

癒着だけが原因の場合はキトー君は必要ありません。

しかし、その両方の場合は、キトー君で皮の口を広げつつ、癒着を剥がしていく作業をすれば危険ではありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

キトー君で皮と亀頭の癒着をはがす原理を詳しく解説
キトー君を使って皮と亀頭の癒着を剥がす方法を解説します。 包皮口を広げただけでは、癒着があるタイプの真性包茎は治らないのではないかと疑問に思うでしょう。 皮あまりのタイプの包茎でも包皮口が狭ければキトー君は大活躍します。

乾燥時に使うと危険

キトー君は、狭い包皮口を広げる器具です。

皮が乾燥している状態で伸ばすと皮が切れやすくなります。

一番ベストな利用方法は、お風呂の中やお風呂上がりに使うことです。
お風呂の湯船の中やお風呂上がりの状態であると乾燥していないことが多く、皮も少し湿気っている状態で伸びやすくなっています。

キトー君の使い方を動画を使ってわかりやすく説明!
包茎改善グッズ「キトー君」の使い方について、動画を使って簡単に説明します。通常盤とストッパー付きキトー君DXとの違いや、カントン包茎への効果、お得な価格で購入する方法や改善する限界についても詳しく説明しています。

 

\\ 効果なければ、全額返金 //

 

 

包茎を放っておくと危険

キトー君を利用する上での危険性はほとんどありません。

しかし、反対にキトー君を使わずに真性包茎をほそのままにしておく方が危険度は高いです。

真性包茎のデメリットについて紹介します。

悪臭を放つ

真性包茎は、平常時も勃起時も常に皮が被った状態です。

皮の内側が不衛生になる危険性が高いのです。

仮性包茎であれば、皮の口が広いので少し手で引っ張れば簡単に皮を自由に剥くことができるのでお風呂に入った時にも簡単に洗うことができます。

しかし真性包茎の場合は、お風呂であっても皮の内側が洗浄しにくいので不潔になりやすく、不潔になると悪臭を放ちます。

普段ならそれで良いのですが、パートナーとの性交渉となるとパートナーを不快にさせる危険性があるので、できるだけ清潔に保つ必要があります。

早漏である危険性

亀頭が包皮に覆われている場合、陰茎が刺激になれていないため過敏性早漏になりやすいと言われています。

真性包茎は仮性包茎にすることで外的からの刺激に強くなり、早漏を改善できる可能性が高くなります。

キトー君は実は全く効果なし!?利用者のリアルな口コミから徹底検証
キトー君の口コミレビューや評判についてまとめました。悪い口コミや良い口コミ、キトー君のメリットやデメリット、病院で包茎手術をした場合の比較など徹底調査しています。キトー君は効果なし、キトー君では剥けないなどの悪い評判についても解説しています。

キトー君の危険性まとめ

キトー君を利用することでの危険性は全くといって良いほど気にすることはないと思います。

それよりも、真性包茎をそのままほっておく方が危険だということに気づいていただきたいです。

キトー君を利用すれば仮性包茎にまでなら解決が可能です。
日本人の7割は仮性包茎なので十分だと思います。

もし、効果がなく改善できなかった場合は全額返金してくれます。

仮性包茎までではなく、ズル剥けになりたい方は手術が必要です。

キトー君と病院で包茎手術との比較!メリットとデメリット
包茎に悩んでいろいろと調べている中でキトー君の存在を知り、包茎手術をするかキトー君で自力で解決するか悩んでいるのではないでしょうか? 包茎を治す方法は2つしかありません。 病院で包茎手術をうけるか、キトー君を使って自力で治すかの...

 

\\ 効果なければ、全額返金 //

 

タイトルとURLをコピーしました